収入証明不要のカードローンのメリット・デメリット

収入証明不要のカードローン比較のメリット・デメリットについては、まず、収入証明不要の場合でも、かなりメリットがある人、職業の人の場合にはお医者さんなどのかなりの高所得者です。

このような人の場合には、医師としての身分証明書を見せるだけで、かなりの優遇がカードローンの際にもされると言われており、実際にはローンであっても、ローンとしての利息などはなしに貸してもらえるケースもあると言われています。

この背景には、後々にもしその医師の人が、開業などをする際には、ぜひうちの銀行などからお金を借りて欲しい、というような背景や、その他にも、資金や定期預金として預けてもらえる可能性、または投資信託などを扱ってもらえる可能性が非常に高いから、とも言われています。

一方で、収入証明が不要のカードローンのデメリットですが、もし闇金などと呼ばれるような会社などの場合に、このようなお金を必要として、請求を希望する場合、法外な利息がとられ、実際に過去にテレビで大問題となったように、厳しい取り立てなどが職場や家族などを襲う、このようなことがあります。
そのため、ローンを組むときには、証明が必要ない、というケースは、もちろん危険ではない会社などもありますが、そのような場合には、旦那さんが高所得者である場合や、または奥さんが高所得者である場合など、そのような審査を通って、漸くお金をローンとして借りることが出来ます。

そうでなければ、かなり危険でデメリットの方が大きいケースもあります。